至誠堂総合病院 患者の権利と責務

患者さんへ

松柏会の理念「信頼と融和で創るよい医療」にあるように、医療は患者さんと医療者間の信頼の上に成り立つと考えます。
私たちは患者さんの思いに応えるよう努力します。
また、患者さんは適切な医療を受ける権利があるとともに責務があることをご理解ください。

1.平等で最良の医療を受ける権利

患者さんは、だれでも分けへだてなく、いつでも安全・安心で公正な医療を受けることができます。

2.個人の尊厳

患者さんは、生命・身体の危険を避けるときのほかは、いかなる時も拘束されません。
皆さんの個人の尊厳は最大限守られます。

3.知る権利

患者さんは、診療内容(病状・検査・治療方法、またその治療法の危険性、代わりうる治療法および見通しなど)についてわかりやすく説明を受けることができます。

4.自己決定権

患者さんは、質問をしたり、意見を言ったり、他の医療機関・医療者の意見を求めること(セカンドオピニオン)が自由にできます。
そして、診療内容を十分に理解し、納得したうえで診療を受けることができます。
納得できない場合には拒否することもできます。

5.療養環境の保全

患者さんは、快適で安全な環境で療養していただきます。
病院内の療養環境の改善に対して意見を述べることができます。

6.プライバシーの保護

患者さんのプライバシーは最大限守られます。
職員は、在職中はもちろん退職した後も、患者さんに関する知りえた個人情報を保護いたします。

7.患者の責務

患者さんには、治療上必要な情報を正確にお伝えいただくとともに、医療従事者と協力して早い回復に努めてください。
また、院内の規則にしたがって他の患者さんへ迷惑をかけないようにしてください。

2016年10月25日改定