脳神経内科

脳神経内科は脳・脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を対象とし、脳梗塞や脳出血、髄膜炎、パーキンソン病、片頭痛などの診断・治療を行います。

当科は常勤医師2名で外来・入院診療を担当しています。

脳卒中の診療に関しては当院で対応可能な患者さんのみ急性期治療を行い、対応困難な患者さんはしかるべき施設を紹介しています。

また、当科では脳卒中急性期治療の一環としてリハビリテーション(リハ)を超急性期より積極的に導入し、安静に伴う筋力低下や関節拘縮といった廃用を予防しながら、速やかな機能回復と日常生活動作(ADL)の拡大をはかっています。

当院は回復期リハ病棟を備えており、他病院で加療され病状が落ち着いた神経疾患の患者さんを受け入れています。

医師、リハスタッフ、看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師などで合同カンファレンスを定期的に開き、潜在的な残存機能を最大限に引き出すことを念頭に置きながら、個々人の能力と環境に則した充実したリハを提供できるように努めております。

さらに週一回、非常勤医師による嚥下内視鏡も行っております。

いずれの疾患においても長期療養中に生じる諸問題(嚥下、日常生活動作能力の低下など)に対しては、薬物の調整やリハを行い、日常生活の指導をも含めた治療方針を立案しquality of life(QOL)の維持に努めています。

【担当医師】
■谷口 昌光
 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
 日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医
 医学博士

■谷口 央
 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
 日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医・指導医

■渡部 郁夫