消化器内科

食道から胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門までの全消化管と肝臓、胆道、脾臓の消化器系全般にわたる疾患を担当しています。

また、画像検査(X線、ヘリカルCT、超音波カラードップラー、血管造影)などを駆使して迅速かつ正確な診断および治療に努めています。

消化器の早期ガンやポリープ、消化管出血、胆嚢結石などに対する内視鏡治療も行っています。さらに肝臓癌に対する血管塞栓術、肝不全や重症膵炎に対する治療も行っております。

 高齢者や手術困難な方には、QOL向上を目指して、胃瘻造設術やステント治療、緩和医療、外来化学療法も積極的に進めています。

【担当医師】
■中島 幸裕
■佐藤 明
■瀬角 英樹
■八木 周