看護部:4階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

回復期リハビリテーション病棟は脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの患者さんに対して食事、更衣、排泄、移動、会話などの日常生活動作の能力向上による寝たきり防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師・看護師・理学療法士・言語聴覚士などが共同で作成し、これに基づいてリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

師長からひとこと

回復期リハビリテーション病棟です。

骨折で手術後の患者さんや脳卒中の患者さんが在宅復帰に向けてリハビリしている病棟です。

患者さんの小さな進歩が大きな喜びとなる病棟で意欲的にリハビリできるように取り組んでいます。

リハビリスタッフ、MSW、栄養士、薬剤師と多くの職種とのかかわりもあり、みんなひとつになって頑張っています。


4階病棟のひとこま


多職種が一丸となって活躍しています。
みんな笑顔 最高〜!!
多職種でのカンファレンス。受け持ち看護師が主となり、
個別性のあるカンファレンスをすすめています。

昼食前の風景。
この時間は看護師が主体となり嚥下体操をします。
これも嚥下体操の一つですよ〜