リハビリテーション科 − 理学療法

理学療法士とは

病気、けが、高齢、障がいなどによって運動機能が低下した状態にある人々に対して、運動機能の維持・改善を目的に様々な手段を用いて治療を行う専門家です。

当院で対象とする患者さん

運動器疾患

骨折の患者さんでは手術後早期から車椅子に乗る練習を始め、体重をかける練習や松葉杖を使っての歩行練習、日常生活での移動手段の獲得に向けてリハビリを行います。

脳血管疾患

早期から長下肢装具などを使って「立つ練習」「介助しながら歩く練習」を積極的に行い、身体機能の回復と日常生活での獲得を目指しリハビリを行います。

廃用症候群

過度に安静にすることや活動性が低下したことにより体の筋肉がやせ・衰えたり、関節の動きが悪くなったり、心臓や肺の機能が低下してしまいます。
そのため、ベッドから起きる・立つ・歩くといった全身の運動を行います。

呼吸器疾患

けがや病気によって呼吸器に障害が生じるので、機能回復や悪化防止を促すために行います。
ベッドサイドから積極的に関わり、人工呼吸器を外せるように呼吸リハビリを行ったりします。