医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院

消化器内科

口から肛門までの「消化管」(食道、胃、小腸、大腸)と、「肝胆膵」と総称される肝臓、胆道系(胆汁の通り道である胆管と胆嚢)、膵臓を主に担当する、人体の中で最も多くの臓器を扱う、最も守備範囲の広い診療科です。

当科は、これらそれぞれの臓器の多種多様な病気の内科的な診断(精密検査)・治療(お薬による治療)のほかに、外科との連携を取った診療を行うことが特徴です。例えば内視鏡検査で手術が必要な癌が見つかった場合に、全身評価を行った上で外科医に紹介するとか、外科の手術後の患者さんに術後の化学療法を担当したり、手術後再発しないかどうか、長年に渡って外来でフォローアップ(追跡診察)したりします。

さらに、最も大きな特徴としては、内科の各診療科の中では最も外科に近い、「ミニ外科」とも呼べるような、内視鏡やカテーテル(細く柔らかい管)を使って病気の元を除去するような、侵襲的治療(体にメスを入れたり針を刺したりする、リスクを伴う治療)をも行うことが挙げられます。ひと昔前までは外科医による全身麻酔での手術しか手段がなかったものが、治療器具や技術の発展・進歩によって、内視鏡やカテーテルなどによって、体に穴を開けないかあるいはきわめて細く小さな穴で済んだりするので、体にかかる負担が小さく、入院が不要だったり、必要な入院期間が短く済み、治療後すぐに家庭・社会復帰が可能だったりできるようになりました。

一般的に、このような高度な技術を必要とし、リスクを伴う手技は、それぞれの自治体の大学病院や国公立病院、研究教育機関などの大病院が担うことが多いのですが、私たちのポリシーとして、こうした高度先進的な手技を、民間の市中病院で行うことが重要であると、ずっと以前から考えておりました。特に昨今、より一層高齢化社会が進んでいます。身体に対する負担の少ない、高齢者であっても治せる病気はあきらめずに治せる可能性を追求することのできる消化器内科的治療は、私どものような、町医者的な性格を持つ、市民が気軽に訪れやすい民間病院で行えることが重要です。もちろん、高度先進医療を研究し、若い医師に研鑽を積ませ、医学の発展に寄与するという重要な目的を持った大学病院など国公立病院と競合する意図は全くありませんが、高度な技術は、そうした大病院だけのものではなく、私どものような民間市中病院で一般市民に還元してこそ、私どももこれまで腕を磨いてきた甲斐があるものだと考えます。また、高度先進的な手技のみならず、スクリーニングとしての胃カメラ、大腸カメラにおいても、これまで磨いてきた技術によりをかけて、より苦痛の少なく、効率的で、精度の高い検査を日頃より心がけています。それは、「技術は心である」「患者さんへの配慮と技術向上は一体である」という、当科の長年の信念から来るものです。 

ただ一方で、設備やマンパワー体制などにおいては大病院と比べて限りがありますので、高度先進技術のすべてが行えるわけではありませんが、2019年現在、当科で行うことが可能な手技は、具体的には、専門用語になりますが、以下のようなものが挙げられます。

  • スクリーニング(病気の有無を調べる目的)としての上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)、全大腸内視鏡検査(いわゆる大腸カメラ)
  • 胃十二指腸潰瘍、ほか食道~大腸までの出血性疾患に対する内視鏡的診断および止血術
  • 食道、胃、大腸に発生したポリープ、良性腫瘍、早期悪性腫瘍に対する内視鏡的切除術
    1. 内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)
    2. 内視鏡的粘膜切除術(EMR)
    3. 内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)

これらには、病変の大きさや形によって、さらにいろいろな切除法のバリエーションがあります。

  • 胆管(胆汁の通り道)をふさいでしまうような病気に対する検査・治療
    1. 内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)と、それに引き続いて行う一連の、以下のような手技
      1. 胆管結石に対する内視鏡的十二指腸乳頭切開術(EST)、乳頭バルーン拡張術(EPBD,EPLBD)
      2. 結石に対する機械的破砕除去術(EML)
      3. 閉塞性胆嚢胆管炎に対する排膿(ドレナージ)チューブ治療(ERBD,ENBD,ERGBD,ENGBD)
      4. 胆管癌、膵癌など悪性腫瘍による胆管閉塞に対するステント留置術(EMS)
    2. エコーを使って皮膚から針を刺し、そこからカテーテルを挿入して行う検査・治療(PTBD)
      1. 胆管への排膿(ドレナージ)チューブ挿入術(PTCD)
      2. 胆嚢への排膿(ドレナージ)チューブ挿入術(PTGBD)
      3. 末期癌などによる胆管閉塞に対するステント留置術(EMS)

また①と②を組み合わせた治療法も、必要に応じて行います。

  • 胃、食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS)、結紮術(EVL)
  • 脳血管疾患などいろいろな原因により口から食事が摂れなくなった患者さんへの経腸栄養法
    1. 内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、経胃瘻的小腸瘻造設術(PEJ)
    2. 経皮経食道胃管挿入術(PTEG)

これらの「術」だけではなく、その後の栄養管理、全身維持管理も請け負います。

  • 腸閉塞に対する腸内圧減圧チューブ(イレウス管)の挿入、内科的治療
  • さまざまな消化器悪性腫瘍に対する化学療法
  • ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)に対する慢性疾患管理
  • 肝臓癌に対する経皮的エタノール注入療法(PEIT)
  • 消化器悪性腫瘍末期患者さんに対する緩和ケア
  • ほかにもいろいろな診断、治療内容があり、他の診療科とオーバーラップするものもありますので、「おなかの問題」「胃腸の問題」「お酒や食生活の問題」などは広く漠然としていますが当科的な守備範囲となります。お気軽に担当医へご相談いただければ幸いです。

文責:佐藤明(消化器内科部長)

担当医師

  • 佐藤 明
  • 瀬角 英樹
  • 中島 幸裕
  • 冨樫 整
  • 八木 周