医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院

整形外科

当科について

こんにちは。私は至誠堂総合病院整形外科部長を務める鈴木光典です。当院の整形外科について説明いたします。
現在、常勤医師は小林真司医師と私、鈴木の2名です。二人とも日本整形外科学会認定整形外科専門医です。さらに山形大学整形外科より非常勤医の応援を頂いております。

当科での現在の方針は「町の病院の整形外科」として、多くの通常の疾患、外傷などに丁寧に標準的(手術を含め)な診療をし、さらに高度、あるいは先進的治療の必要な方には、しかるべき施設を紹介し、その窓口的な役割を果たすことです。その標準的な診療レベルを維持するため常に学会、研究会参加など努力しております。
地域においては、当整形外科が果たすべき役割をも常に意識し動いています。

当科での姿勢を特徴づけることがあります。それは小林医師と私、鈴木が山形大学医学部柔道部の出身であることです(どちらが先輩かは一目瞭然)。柔道を通して「礼の精神」を学びました。それは常に相手に敬意を持って接することに通じます。診療の場では具体的に「ひとの話をきちんと聞く」「きちんと説明する」「常に誠意を持つ」ということになると思います。私たちはこのような型を大事にし、「ここに来て良かった」と思われる整形外科を目指しています。

また当院は「民医連(全日本民主医療機関連合会)」に加盟しております。民医連だからこそできる医療があり、役割があると考えております。

整形外科

  • 小林 真司(副院長)
  • 鈴木 光典
  • 髙橋 健大