医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院

当院の沿革

1903年私立至誠堂病院として創立、初代院長は中原貞衛(外科)
1912年看護婦養成所を開設
1915年私立病院から合名会社に改める
1956年至誠堂総合病院の一部増改築、156床
1957年至誠堂総合病院と改称
1970年医療法人社団松柏会に改組、「至誠堂総合病院 友の会」を結成
1971年「誠寿会」(糖尿病患者会)を結成
1974年新病院落成 220床
1977年230床に増床
1978年訪問看護をボランティアで開始(1992年 至誠堂総合病院老人訪問看護ステーションを開設)
1981年「至誠堂総合病院友の会」を改組し、「やまがた健康友の会」を結成
1982年「あおぞら会」(呼吸器疾患患者会)を結成
1989年病院の一部増改築
1990年243床に増床(一般180床、特例許可老人63床)
1994年253床に増床(一般143床、特例許可老人110床)
1995年手術室、リハビリ室を新築
1998年263床に増床(一般98床、特例許可老人 165床)「桜会」(外科術後患者会)を結成
2000年病院の増改築(260床)
2002年病床区分届出(一般120床、療養病床140床)
2006年一般病床120床、障害者施設病床40床、療養病床100床を届出
2007年日本医療機能評価機構認定施設 病院機能評価Ver.5取得。一般病床120床、障害者施設等病床79床、療養病床60床、病床数259床とする。一般病床99床、障害者施設等病床100床、療養病床60床とする。
2010年3月回復期リハビリテーション病棟開設。一般病床110床、障害者施設等病床60床、回復期リハ病棟60床とする
2014年10月地域包括ケア病棟開設
一般病床50床、障害者施設等病床60床、回復期リハ病棟60
床、地域包括ケア病床60床とする。
2018年2月電子カルテ導入