医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院

  1. ホーム
  2. 採用・人材育成
  3. 医師研修プログラム
  4. さくらんぼ総合診療専門研修プログラム

さくらんぼ総合診療専門研修プログラム

山形県では、少子高齢化が著しい農村部、地方都市の地域医療を支える総合診療専門医の確保と養成が大きな課題です。
県内の多くの市町村では、その地域医療の担い手である医師の不足が深刻です。
また、今後構築される地域包括ケアシステムの中では、地域の一般病院の役割も大きく変わります。
そこでは、これまでの一般的な診断や治療を提供することに加え、次の要件が求められます。
一つは急性期治療を終えた患者の回復期の医療を担い社会復帰を支援する機能。
次に、さまざまな疾患を抱え、さらに複雑な社会的背景を抱えた患者に対して、包括的なマネジメントを提供し、いのちと健康を支える機能などです。
本研修プログラムは、そのような問題意識にもとづいて、地域医療を支える医師を育成するために創設されました。

さくらんぼ総合診療専門研修プログラムの特色

  1. 地域の中規模病院が基幹施設となり、地方都市で顕在化している少子高齢化社会を背景とした多様な問題を内包した症例、地域医療連携の実際、地域包括ケアシステムのハブ機能的な役割を豊富に経験できます。
  2. 診療所や中小病院での総合診療専門研修Ⅰでは、医療資源に乏しい地域での研修、へき地での研修、東日本大震災被災地での研修などを選択できるようにプログラムを配置しています。
  3. 内科、救急科、小児科の必須診療科研修では、それぞれ学会認定の指導医や専門医の指導による質の高い研修を受けることができます。
  4. 多くの連携施設や選択診療科プログラムを配置して、専攻医の要望や進捗状況にあわせて組み合わせることができる柔軟なプログラム構成となっています。

さくらんぼ総合診療専門研修プログラムの詳細

研修コース

コース例1(一般型)

専攻医1年目

4月〜3月
施設名至誠堂総合病院
領域内科

専攻医2年目

4月〜9月10月〜12月1月〜3月
施設名至誠堂総合病院山形県立中央病院または坂総合病院山形県立中央病院または坂総合病院
領域総合診療Ⅱ小児科救急科

専攻医3年目

4月〜9月10月〜3月
施設名至誠堂総合病院 中山診療所または鶴岡協立病院または松島海岸診療所
領域 総合診療Ⅱ総合診療Ⅰ

コース例2

専攻医1年目

4月〜3月
施設名至誠堂総合病院
領域内科

専攻医2年目

4月〜9月10月〜12月1月〜3月
施設名至誠堂総合病院山形県立中央病院または坂総合病院山形県立中央病院または坂総合病院
領域 総合診療Ⅱ小児科救急科

専攻医3年目

4月〜3月
施設名至誠堂総合病院中山診療所または鶴岡協立病院または松島海岸診療所
領域総合診療Ⅱ総合診療Ⅰ

基幹施設

領域別研修研修施設名
内科・総合診療Ⅱ・整形外科・リハビリテーション科医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院

連携施設

領域別研修研修施設名
小児科山形県立中央病院
公益財団法人宮城厚生協会 坂総合病院
救急科山形県立中央病院(山形県立救命救急センター
公益財団法人宮城厚生協会 坂総合病院
総合診療Ⅰ 医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院附属中山診療所
松島医療生活協同組合 松島海岸診療所
医療生活協同組合やまがた 鶴岡協立病院
精神科社会医療法人 二本松会 山形さくら町病院

募集要項

応募資格臨床研修修了者または修了見込み者
募集科目総合診療
募集定員2名
研修開始2020年4月1日
応募期間第一次 2019年10月頃
第二次 2019年12月頃
応募方法以下、(1)~(4)の必要書類を下記の住所までお送りください。
(1)エントリーシート(PDF) → ダウンロードしてお使いください。
(2)履歴書(写真添付)
(3)医師免許証(コピー)
(4)臨床研修修了登録証(コピー)あるいは修了見込み証明書
選考方法書類審査、面接
合否通知メールにて通知
待遇【身分】
常勤職員(当院規定による)

【給与(平成29年4月1日現在)】
後期研修1年目 569,000円
後期研修2年目 579,000円
後期研修3年目 589,000円
(日当直手当、通勤手当、住宅手当等は別 賞与あり)

【医師賠償保険】
病院において加入

申込先・お問い合わせ

見学と説明

本研修に関する見学と説明を希望される場合は、下記の問い合わせ先にお申し込みください。
日程調整等の上、実施します。

問い合わせ先

担当「さくらんぼ総合診療専門研修プログラム」 担当 笠原
住所〒990-0045 山形市桜町7番44号
TEL023-622-7181
FAX023-642-8101
E-mailikyokujimu@shiseido-hp.jp