医療法人社団 松柏会 至誠堂総合病院

呼吸器内科

当科について

息切れ、咳、痰、胸痛などでお困りの方や、検診でレントゲン異常を指摘された方は当科を受診ください

当院には、充実した呼吸器機能検査、画像診断機器があります。検査・診断を行い、抗菌薬などで適切な治療を行います。
慢性の咳は、気管支喘息やアレルギーによる咳、慢性副鼻腔炎、逆流性食道炎などいろいろな原因があり、適切な治療を心がけます。検診などでレントゲン異常を指摘され当院を受診された場合には、なるべく早く胸部CT検査を行い、肺癌が疑われた場合には、気管支鏡検査など適切な検査を行います。山形大学附属病院第一内科と連携し最適な治療を心がけます。

慢性の肺の病気、例えば、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺線維症などと分かった場合には、病状を精査し、禁煙の指導・患者さんに合った治療・呼吸リハビリを行います。在宅酸素療法や、在宅人工呼吸療法指導をされている患者さんの療養指導や援助も行います。入院が必要な患者さんには、速やかに入院での治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断・治療、禁煙外来にも積極的に取り組んでおります。肺炎球菌ワクチン接種やインフルエンザの予防接種も行います。

あおぞら会について

 当院には、慢性呼吸不全の患者さんの会である「あおぞら会」があります。
いっしょに生活や療養、リハビリについて考えていきます。どんなことでもお気軽にご相談ください。

担当医師

  • 髙橋 敬治(院長)
  • 伊藤 英三(副院長)
  • 荒生 剛
  • 山内 啓子